オリーブファミリーデンタルクリニック

ご予約・お問い合わせはこちら。086-221-7200

インプラント

インプラント

インプラントOpe2加工

口腔インプラント治療

口腔インプラント治療とは、歯が無くなった部分(欠損)の骨に人工の根っこ(インプラント体)を埋入し、そのインプラント体を支えに歯を作る治療です。ブリッジ(両隣の歯を削る)や取り外し式の入れ歯(残った他の歯に針金をかける)のように、他の歯に負担をかけずに歯を作ることができます。ですので、入れ歯に困っていらっしゃる方、自分の歯を削られたくない方にはよい治療法だと思います。 なお、本院ではノーベルバイオケア社製のブローネマルクインプラントシステムを採用しています。

ブローネマルクインプラントシステム

インプラント図1加工

メリット・デメリット

メリット

欠損の両側の歯をさわる(治療する)ことなく、独立した歯を作ることができます。取り外し式の入れ歯で困っている方には、取り外し式を固定式の歯にすることも可能です。

デメリット

ブリッジや入れ歯に比べ治療期間が長く、外科手術が必要です。また、そのために外科的な治療にリスクが大きい全身疾患をお持ちの方にはこの治療は行えません。さらに、保険外治療のため治療費も高額となります。

口腔インプラント治療の流れ

1. 診査・診断

インプラント体を埋入する部位に十分な骨があるかどうか(CT検査)、噛み合わせに問題がないか(模型診査)、また全身状態の評価をします。
インプラント図2加工

2.インプラント体埋入手術(1次手術)

インプラント体を顎の骨の中に埋入します。そして、上顎では3〜4カ月、下顎では2〜3カ月骨としっかり結合するのを待ちます。
インプラント図3加工

3.2次手術

骨としっかり結合したインプラント体の小さな蓋を大きな蓋に変えて歯ぐきが治るのを待ちます(2週間程度)。
インプラント図4加工

4.仮歯(プロビジョナルレストレーション)の装着

型を採ってインプラントの仮歯を装着します。それによって、噛めるかどうか、見た目はよいか、しっかり磨けるか、違和感はないかなどを確認して、調整します。
インプラント図5

5.本歯(最終補綴装置)の装着

仮歯と同じ形の最終的なかぶせ(セラミック)を作製して、装着します。そして、定期的なメインテナンスに移行します。
インプラント図6加工

関連ブログ

  • 医院案内
  • 初診の方
  • インプラント
  • 歯周外科処置
  • 小児矯正
  • 予防歯科
  • ホワイトニング
  • 診療情報の守秘

当院の案内

アクセス

〒700-0921
岡山県岡山市北区東古松504-3
アスペックビル2F

詳しいアクセスはこちら

ご予約・お問い合わせはこちら

受付時間

受付
時間
9:00~
12:00
14:00~
17:30
不定期 不定期

9:30~12:00

14:00~16:30

× ×

採用情報

ご予約・お問い合わせはこちら